FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

京浜港の集い/港湾見学と意見交換会

10月25日(木) 川崎市港湾局主催による、東京港・川崎港・横浜港の港湾業務を視察見学する荷主向けイベント京浜港の集い』に参加させていただきました。
【 報告レポート:東京事務所 早坂所長 】

20121025京浜港視察クルーズ_001 
20121025京浜港視察クルーズ_002  
搭乗フェリー:シンフォニー・クラシカ
東京港の日の出桟橋をPM3:00に出港。東京港・川崎港・横浜港の各港湾局の役員の方々からの挨拶。出港後は軽食ブースで港湾局職員の方々との意見交換をしながら、洋上から港湾施設を見学していきます。

20121025京浜港視察クルーズ_003  

品川コンテナ埠頭 → 大井コンテナ埠頭 → 青梅コンテナ埠頭と東京湾の内側から外海に向かって移動していきますが、湾の内側が海底深度が浅いため大きなコンテナ船は入れず、内航船などの小さな容量の船しか接岸できません。
20121025京浜港視察クルーズ_004 

川崎港近くに来てようやく容量の大きなコンテナ船(中国ルートのものなど)が見られます

20121025京浜港視察クルーズ_006  
20121025京浜港視察クルーズ_007  
ちょうど木曜日だったためCOSCOのコンテナ船も入港していました。以前までよりも、ひとまわり小さいコンテナ船で、大きさもそうですが、どのコンテナ船も船上に積んであるコンテナは普段見かける20ftのコンテナではなく、8割以上が40ftのコンテナなのが印象的でした。対中国物流は、重化学製品より軽工業製品がメインだというのが現状だと思われます。実際、イベント参加者もアパレル関係などの会社名が目に付きました。
 
この後、洋上から羽田空港、川崎港と視察。同ルートを折り返し、日の出に戻るあたりでは夜景が綺麗な東京湾を眺めながらの文字通りのクルーズとなります。時間の関係上、今回は横浜港へは寄港せず、次回開催時は横浜港出港によるイベントを企画しているとのこと。

若い人たちの勉強にもなりますし、東京湾の夜景といった地元の人でもあまり経験のできないものも経験できるという非常に貴重な体験をさせてあげることが出来るのでは、と思います。


ナイガイニュース | コメント(0) | トラックバック(0)2012/10/26(金)10:23

«  | HOME |  »


☆ YouTubeスライドショー

石丁場情報の他、食文化や自然風土など高島課長による中国・インドの海外動画レポートもございます。

developed by 遊ぶブログ

QRコード(携帯・スマホ)

ナイガイ倶楽部(ブ)ログ<NAIGAI CLUblog>は、携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。

QR

業界関連ニュース【 石材 】

    入会申込メールフォーム

    .

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

    .

    ナイガイ企画室

    株式会社ナイガイ

    • Author:株式会社ナイガイ
    • ナイガイ倶楽部は情報配信を
      主とした入会金・年会費不要
      の石材店様向け販促サポート
      サービスです。新商品情報、
      販促に役立つ情報など、
      逐次更新しております。

    ブログ内検索

    ご質問メール

    このサイトやナイガイ倶楽部のサービスに関するご質問・ご意見・ご要望はこちらからお願いいたします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。